風俗にお世話になるのは男なら当たり前!私の体験談を読んで見てください。

風俗にお世話になる

荒んだ心を癒す人妻デリヘル

投稿日:2016年4月4日

100%モテてこなかったオレにも、デリヘル嬢はいつも優しくときどき涙が出てきます。いや、けれども絶対に優しくされたくって、だからこそ人妻系デリヘル店を選んでいるということもあるのですが。そしてだからこそ、このような純度100%のモテない野郎にも、人妻系デリヘル嬢は優しくしてくれるのですよね。もうね、おおいに癒されておりますよ。もともと恋愛感情に乏しいのか女性不信なのかはわかりませんが、性欲は人一倍あるものの、女性と付き合いたいという感情があまりないのですよね。それに、女性と付き合ってしまえば傷つくこともあるじゃないですか。いや、そもそも付き合うに行くまでの段階までの道のりが長くって…。そしてだからこそのデリヘルですよ。彼女にも「○ンポ舐めて」とか「○ンポしゃぶって」などと言えない俺がデリヘル嬢には素直に言えてしまうのですからね。そして、優しいデリヘル嬢たちは、とっても優しくそれらの行為をおこなってくれますからね。本当にいつも荒んだ心が癒されております。

週一のデリヘル通い

私は35歳の会社員です。何かとストレスの溜まる世の中だけに、週1回の頻度で派遣型風俗のデリヘルを利用しています。先日も上司に仕事上のミスを部署内全員の前で叱責されて大変腹が立ったので、その腹いせにデリヘルを呼ぶために職場近くのビジネスホテルにチェックインし、スマホで地域の風俗ネットにアクセスしてから「これだ!」と思う女の子を指名してみました。私の待つ部屋に来てくれた女の子は20の大学生の子で、遊ぶ金欲しさにデリヘルでバイトしているとのことで、プロの風俗嬢っぽくないのが逆に気に入りました。シャワーを浴びる前にお互い自分の衣服を脱ぐのですが、彼女が着けてきたランジェリーが黒字にワイン色のフリルが付いたセクシーな物だっだので、シャワー後もその下着を着けてくれるように頼みました。シャワー後のベッドの上でのプレーの際に下着姿の彼女の女性器を下着の上から臭いを嗅ぎ感触を味わい…、若い彼女の肉体を存分に堪能し、最後は彼女のぎごちない手コキでストレスと一緒に溜まりまくった精液を吐き出しました。